月下に舞う華

現実と幻実の日々
生きてました
生きてました。

仕事の都合により、時間も余裕もない状況でしたので。


私の勤めている会社は、本社と別に営業所(私は入社当時一年ほど配属されていた)があるのですが、そこの所長をしていた人が急死しました。

それ自体は非常に喜ばしいこと。
営業所に配属されていたときに、私を色々と精神的に追い詰めた人間なので。

ただ、人間としては最低な男でしたが、仕事の面では優秀と言えるものを持っていたようですので、所長の突然の死によって営業所の存続すら危うくなるか、と危惧されました。

とりあえず頭数だけでも、ということで勤務経験のある私が営業所に再び配属されることになりました。

ここ最近は、平日は福島市のアパート、週末に実家に帰ってくる、という生活です。

今、暫定的に所長の仕事を引き継いでいる方の補佐みたいなことをしてます。

拘束時間が長くなったし、残業代もつかない立場になってしまったけれど、元々自分で選んだ仕事ですので最後まで責任は果たしたいと思います。
08:41 | 普通の日記 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark
生きてます
生きてはいます。


この2ヶ月程、何一つやる気が出ず、動く屍の如く過ごしておりました。
(一応、仕事はしてました)

原因として考えられるのは、職場での対人関係かな、と。
まあ、今は解消したので詳細は書きませんけども。

鬱状態を解消するには、環境を変えるしかないようですね。
鬱なんてのは病気ではなく「気の迷い」というやつですから、医者や薬で治るものではありませんし。(というか私は医者と薬を二度と信用しない)

無駄に時間を過ごした分、やることやりたいことが色々とありますので、忙しくなりそうです。
11:04 | 普通の日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
もうね、
グダグダ言うだけで、状況を改善するために動かないような人は、

いらない。
21:50 | 普通の日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
古畑任三郎
以前放映した話らしいけど、イチローが出てたので見てみた。


刑事なのに誘導尋問するとは、さすが古畑さんですね^w^


脚本家、何を考えてるんだろうか。
まあ、実際の警察も誘導尋問はしまくりらしいが。
21:38 | 普通の日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
ささやかな陰謀
珠さんと共に、陰でコソコソと画策中。

実行するのは元々計画を立てた珠さんなので、いつ頃形になるかは不明。

|ω・) フフフ
18:52 | 普通の日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
ブログ開始
日記をブログにしました。

基本的に書きたいと思ったら書くので、更新頻度は変わりません。

今までにミクシで書いた日記もこちらに移動しました。
22:26 | 普通の日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
プロフ
些細といえば些細なことですが。

プロフィールの名前、今まで使っていた表記の「飛鳥」から、
本名の「明日華」に変えました。

「飛鳥」表記だったのは何となくイメージ的に。
(本名だと一発変換できないというのもありましたが
今回、本名にした理由も何となく。


まあ、呼び方は今まで通りで全く問題ありません。
17:19 | 普通の日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
暑かった・・・
今日は暑かった・・・

仕事中、後ろ髪のせいで、後頭部に熱が溜まるわ汗で張り付いて不快だわやってられなかったので、何気なく髪を結いました。

そのまま家に帰り、ふと鏡を見たとき、気づいた。


ああ、随分髪伸びたんだ。

二年前くらいに、特に理由もなく何となくバッサリ切って、周囲の人たちは失恋しただのなんだのと勝手なことを言ってたり、珠さんが本気で泣きそうな顔になってたりしたのを思い出した。

その後は毛先を揃えるくらいしか切らなかったので、バッサリいく前よりも長くなってるくらい。

そして、何気なく結った、左右の後れ毛多目な髪型は、珠さんが一番いいと言ってくれた髪型だったり。


完全にノロケですね、わかります。
20:12 | 普通の日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
かなり本気
露出狂女死刑にしてください・・・
22:43 | 普通の日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
本末転倒?
先日のこと。

会社の先輩が体調崩して休みました。

原因はダイエットのしすぎからくるものだったらしい。

決して太ってる人ではないのに。

話を聞いたら、彼氏の「ちょっと太った?」という一言がダイエットのきっかけだったそうです。
先輩は、傍から見たら全体的にバランス取れた体型だと思いますが、本人は余程気になったのでしょう。

人の振り見て我振り直せ、とは言うけれど、私は今までにダイエットというものをしたことがないので、体壊すほどダイエットに励んだ先輩の気持ちは理解できないし、同じ過ちを犯す危険もないでしょう。

まあ、その彼氏の無神経さにも呆れはしたけど。


先輩と私が違う点でもう一つ。

先輩は職場に来るときに、化粧せずに来るなんてことはありえない人ですが、私は基本的に「装飾のための」化粧はしません。
寝る前の保湿、外出前の日焼け止め、リップくらい。


普段から思うのですが、「今現在の自分」というのをありのままに受け止めるというのは、そんなに難しいことなのでしょうか?
「それはあなたが強いから」などと言われますが、私は別に強いわけではなく(むしろ弱いし)、ただただ、自然に今あるものを受け入れているだけなのですが。

私を「強い」と言った人は、誰でも自分の嫌なところはあるのに、それを正面から受け止められるあなたは強い、と言いました。
一つ、その人が勘違いしているのは、「誰でも自分の嫌なところがある」という認識。

正直なところ、私は自分の外面的なものに関してはコンプレックスに感じるところというのがありません。(他人より勝っていると思っているわけではなく)
内面的な弱さは色々ありますが。

コンプレックスを抱かなくていいような容姿をしているというのが恵まれているのであって、それは恵まれた人間の奢りだ、とか言われたら返す言葉がありません。
実際そういうこと言った人には何も返答せず、最終的に縁切りましたし。

恵まれてるとか勝ってるとかじゃなく、何故、自分が持って生まれたものを、それはそういうもの、と考えられないのでしょうか。
いくら悩んだって、生まれもったものは変わりはしないのだから悩むだけ無駄じゃないのか、と私は思いますが。

と、ここまで書いて何が言いたいか、というと

みんな無駄な努力してるよね ケケケ Ψ(`∀´)Ψ ケケケ

という極めて悪意に満ちたお話。
20:41 | 普通の日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--